欠点のないオイルクレンジングを探して

高品質なオイルクレンジングで欠点なしのスキンケアを

サイトマップ

欠点が軽減されたオイルクレンジングとは

このサイトでは、オイルクレンジングの欠点を知るとともに、美肌をつくるためには、どのようなオイルクレンジングを選ぶべきかを解説しています。
評判のオイルクレンジングを含有成分等で比較し、低刺激かつ高い美容効果も期待できるアイテムを決定したランキングも掲載しています。クレンジング選びの参考となれば幸いです。

欠点のないオイルクレンジングランキングへ

欠点のないオイルクレンジングを調査しました

HOME » 決定!欠点の少ないオイルクレンジングはコレ » こんなオイクレは避けよう

こんなオイクレは避けよう

ここでは、欠点の少ないオイルクレンジングの見極め方を紹介しています。

オイルクレンジングの欠点とは

ウォータープルーフの化粧品や夏用のファンデーション・UV化粧下地などは、クリームやリキッドタイプのクレンジングではきちんと落としきれていないことがあります。そんな時に役立つのがオイルクレンジング。オイルを肌の上で乳化させれば、すぐになじんできれいに落とすことができます。

クレンジングの種類として主流になっているオイルクレンジングですが、自分のお肌に合わないと思っている方も多いのではないでしょうか?油で脂を落とすというのがオイルクレンジングの特徴ですから、乾燥肌の人が苦手意識を持つのも無理はありませんよね。

品質の良い比較的高価なオイルなら問題はないのですが、鉱物油を使った安いオイルクレンジングも販売されています。このようなオイルを使ってしまい、お肌がぼろぼろになってしまってから後悔しても、もう取り返しがつきません。

オイルタイプのクレンジングを選ぶなら、できる限り品質の良いものを選ぶこと。そしてやはり、口コミで評判の良いものを選ぶことをおすすめします。

どんなオイルクレンジングがいいの?

オイルクレンジングを使いたいけど、やっぱり乾燥が気になる!という方は、以下のポイントに気をつけて使用するとよいかもしれません。

  • 毎日使わない
  • 乾燥する冬場はあまり使わない
  • 保湿効果のあるものを使う

基本的には、乾燥や皮脂の取り過ぎという欠点を補うようにするといいでしょう。

しっかりメイクの時やポイントメイクにはオイルクレンジングを使い、薄いメイクの時はクリームやリキッドタイプのクレンジングを使うなど、うまく使い分けをするのも肌トラブルを防ぐポイントです。

欠点の少ないオイルクレンジングの特徴って?

以前は指定成分のみ表示されていた化粧品でしたが、薬事法が改正され2001年4月からは全成分を表示することになり、自分に合わない成分を避けたり自分のお肌に合った製品を選ぶことが出来るようになりました。

しかし成分表示をみても、その成分が何のために添加されていて、安全性はどうなのか?など細かいところまではよくわからないというのが現実です。

それを知るには、化粧品オタクの間では名高い名著、小沢王春さんの「化粧品毒性判定事典」がおすすめです。

この本では化粧品の毒性成分や、成分がどのような用途に使用されているかを知ることができます。

成分の毒性度は■で表され、合成界面活性剤などは■■、合成ポリマー・防腐剤・香料などは■とされています。

洗顔化粧品の場合、この本の化粧品の種類別判定基準では、■3個以下の製品を選ぶことを推奨しています。オイルクレンジングを選ぶときには、成分を吟味して■3個以下の製品を選ぶようにしたいですね。

オイルクレンジングを毒性判定で比較≫≫