欠点のないオイルクレンジングを探して

高品質なオイルクレンジングで欠点なしのスキンケアを

サイトマップ

欠点が軽減されたオイルクレンジングとは

このサイトでは、オイルクレンジングの欠点を知るとともに、美肌をつくるためには、どのようなオイルクレンジングを選ぶべきかを解説しています。
評判のオイルクレンジングを含有成分等で比較し、低刺激かつ高い美容効果も期待できるアイテムを決定したランキングも掲載しています。クレンジング選びの参考となれば幸いです。

欠点のないオイルクレンジングランキングへ

欠点のないオイルクレンジングを調査しました

HOME » 決定!欠点の少ないオイルクレンジングはコレ » 界面活性剤の種類を知ろう

界面活性剤の種類を知ろう

欠点の少ないオイルクレンジングを選ぶために知っておきたい、界面活性剤の種類について詳しく解説しています。

オイルクレンジングに含まれる界面活性剤とは

オイルクレンジングの欠点として、界面活性剤が含まれていることが挙げられます。

本来、油は水に溶けませんが、界面活性剤は性質の異なる水と油の間にある界面に働いて、水と油を混ざりやすくする働きをします。ただし、界面活性剤は肌へ刺激を与え、バリア機能を壊し、乾燥肌を引き起こす原因とも考えられています。

つまり欠点のすくないオイルクレンジングを選ぶためには、この界面活性剤に着目する必要があるのです。

界面活性剤は、イオン性界面活性剤とイオンにならない非イオン(ノニオン)界面活性剤とに分類され、イオン性界面活性剤はさらに、陰イオン(アニオン)界面活性剤・陽イオン(カチオン)界面活性剤・両性界面活性剤に分類されます。

陰イオン界面活性剤

水に溶けると、親水基部分が陰イオンに電離します。昔から石けんなどに使われており今でも合成洗剤に利用されていて、全界面活性剤の約半分の利用量となっています。

陽イオン界面活性剤

水に溶けると、親水基部分が陽イオンに電離します。石けんとは逆のイオンなので、逆性石けんと呼ばれたりします。負(マイナス)に帯電している固体の表面にくっつき、柔軟・帯電防止・殺菌などの性質があるので、リンス・柔軟仕上げ剤・消毒剤などに利用されます。

両性界面活性剤

水に溶けると、アルカリ性のところでは陰イオン界面活性剤の性質、酸性のところでは陽イオン界面活性剤の性質を示します。起泡性・洗浄性を高めるために利用されます。

非イオン界面活性剤

水に溶けてもイオン化しない親水基を持っていて、水の硬度や電解質の影響を受けにくいので、他の界面活性剤と併用できます。この性質があるので、最近は非イオン系界面活性剤を使うことが増えています。非イオン界面活性剤は一般に、人体への毒性が低いことや、他のイオン性界面活性剤との相性が良いことが特長です。

代表的な非イオン界面活性剤には、グリセリン脂肪酸エステル(皮膚をしっとりしなやかにし、柔軟性のある皮膚を保つ)や、テトラオレイン酸ソルベス-40(植物由来のオレイン酸を使用し、すぐれた乳化力をもつ)、ポリソルベート40(優れた乳化作用を持つ)、オレフィンスルホン酸Na(皮膚への刺激が少なく高い洗浄力がある)などがあります。

最近では、食品にも使用されることがあるといった安全性の高さから、非イオン界面活性剤を使用した化粧品が増えてきています。

欠点の少ないオイルクレンジングを選ぶなら、非イオン界面活性剤を使用した製品が正解なのです。