欠点のないオイルクレンジングを探して

高品質なオイルクレンジングで欠点なしのスキンケアを

サイトマップ

欠点が軽減されたオイルクレンジングとは

このサイトでは、オイルクレンジングの欠点を知るとともに、美肌をつくるためには、どのようなオイルクレンジングを選ぶべきかを解説しています。
評判のオイルクレンジングを含有成分等で比較し、低刺激かつ高い美容効果も期待できるアイテムを決定したランキングも掲載しています。クレンジング選びの参考となれば幸いです。

欠点のないオイルクレンジングランキングへ

欠点のないオイルクレンジングを調査しました

HOME » クレンジングの種類別メリット・デメリット

クレンジングの種類別メリット・デメリット

最近はクレンジングというとオイルクレンジングが主流ですよね。欠点が多いと思われがちなオイルクレンジングですが、高品質ものを選べば天然有効成分がたっぷりと配合されているので、実はお肌に優しいんです。

ミルク・クリーム・ジェル・リキッド・ふき取り式など、クレンジングそれぞれの持ち味

クレンジング剤には、オイルのほかにも、ミルク・クリーム・ジェル・リキッド・ふき取り式など様々なタイプがありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ここでは、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介しています。

  • オイルクレンジング
    ウォータープルーフのメイクもするりと落とせるので忙しい方には便利なクレンジングです。
    メイクに素早くなじむため、肌に必要な成分や油分を洗い流してしまうこともあります。なじんだら素早く洗い流すことが必要です。
  • ミルククレンジング
    ミルクは肌にやさしいというイメージがありますが、メイク剤とのなじみがあまりよくありません
    その結果メイクが落ちにくく、肌をこすりすぎて傷つけることになってしまいます。 オイルの配合分が少なめなので、超乾燥肌の方にはおすすめです。
  • クリームクレンジング
    油分・水分のバランスがよく、肌への負担をかけずにメイクを落とせます。しかし洗ったあとヌメリがなかなか落ちないものもあるので、値段の安さで選ばずに自分のお肌にあった上質のクリームを選びましょう。
  • ジェルクレンジング
    ベタつかず、サッパリしています。しかしメイク馴染みが遅いため、こすってしまってお肌を傷つけてしまう場合があります。脱脂力が強く、お肌が乾燥してしまう製品もあるので要注意です。最近では保湿力が高く、洗い上がりがしっとりとするジェルクレンジングもあるようです。
  • リキッドクレンジング
    コットンに含ませてふき取ることができるので、手軽に急いで落としたいときにはおすすめです。
    使用量が少なすぎると、コットンが肌に残ったり、拭き取る摩擦で肌に負担をかけることがあります。アルコールが多く含まれているため刺激が強く乾燥もしやすいです。
  • ふき取り式、シートタイプ
    場所を選ばずどこでも簡単にメイクオフできるのがメリットですが、肌をこすって落とすため、赤ら顔やシミの原因となります。アルコールや防カビ剤が含まれているので肌への刺激が強く、毎日の使用にはあまり向いていません

クレンジング剤が合っていないと、そのあとにどんなに良いスキンケアをしても、肌はきれいになりません

メリット・デメリットをよくふまえた上で、自分のお肌にあったクレンジングを選ぶようにしたいですね。